« 買い物カゴを持ったハイエナたち | トップページ | コインランドリーの恋人たち »

2007年1月 8日 (月)

「酷暑日」もいいけど「酷不快日」もね

気象庁は、今年の夏から、最高気温が35度を超えた日を
酷暑日と呼ぶことにしたそうです。

情報元:
http://www3.nhk.or.jp/news/2007/01/08/d20070108000104.html

すでにウィキペディアでも載せられていますねぇ。

気温(ウィキペディア)

情報元の記事に、高松市が取り上げられていましたけど、
7年間住んでみて、たしかに暑い日は多かった気がします。
日照率も高いですし。

でも、結構からっとしてたんですよ。
部屋の中でも、洗濯物がばんばん乾くなんて
山陰育ちの私には想像もできなかったこと。

瀬戸内のみなさん!
みなさんが、からっとした空気で生活できるのは、
湿気が山陰に落ちるからなんです。
もっと感謝していただきたい!!(苦笑)

そう、山陰は瀬戸内ほど暑くはないですが、
湿度は強烈。

香川から山陰に帰ってきた年の夏に感じた
あのもわぁ~~~~とした空気は
忘れられません。
ま、今ではこんなもんだと慣れてしまいましたが。

で、両方に住んでみて感じること。

「暑い」よりも「蒸し暑い」の方が
ずっとつらいです。

断言。

不快指数とは、よく言ったもの。
蒸し暑い方が、絶対不快指数は高いですよね。

というわけで、
酷暑日もいいですが、
酷不快度日なんてのも
生活予報として
とりいれてみてはいかがでしょう。

ま、朝っぱらから
酷不快日という文字を見るのも
」な話・・・・



・・・落ちた落ちた。

|

« 買い物カゴを持ったハイエナたち | トップページ | コインランドリーの恋人たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16503/4853297

この記事へのトラックバック一覧です: 「酷暑日」もいいけど「酷不快日」もね:

« 買い物カゴを持ったハイエナたち | トップページ | コインランドリーの恋人たち »