« 冬の星空(前編) | トップページ | 今日の危機一髪 »

2007年1月11日 (木)

冬の星空(中編)

昨日の続きです。

#一度消してしまった・・・くぅ。

さて、星空というと、思い出す2曲があるんですよ。


Fool on the Planet(青く揺れる惑星に立って) / TM Network
収録アルバム:「Self Control
作詞:小室みつこ
作曲:木根尚登
編曲:小室哲也

歌詞は、こちらにあります(作詞の小室みつこさんのサイトより)

特に、この一節が好きです。

ただのdreamer 人は言うけれど
この地上にあふれる全ては
僕に似た昔の誰かが
夢見てはかなえてきたもの

タイトルに出てくる「Fool」、辞書によると、「ばか」という意味が主だけど、
口語で「熱中する人」という意味があるんですね。
へぇ~~、20年を経て知った真実(笑)。

「ばか」と「熱中する人」をひとつの単語にあてはめるとは、
やるなぁ、英語。

話し戻って。
普段何気なく使ったり目にしているものは、
「ばかと言われるほど熱中した誰かさんの産物」。

熱中することは得意だけど、どこか冷めた部分があって
最後まで熱中し続けられないのが、自分。

なので、この歌詞の中の「僕」には、
とてもあこがれます。

曲も、かなりいいです。
好きな曲を10曲挙げろといわれれば、
絶対に入れます。

これ書いていて、ふと思い出したのですが。
かつてのF1レーサー「ジャン・アレジ」の嫁さんとなった
後藤久美子さんが、20歳のときに言っていた言葉。

雑誌:「若さ」とは?
後藤:何でもできるという勘違い。

これも好きな言葉でして。
20歳のときに、これを口にしたゴクミ、恐るべし。


右手に、上の歌詞とゴクミの言葉、
左手に「大人」という言葉を握り締め、
そのバランスに悩む。

凡人の日々です。



※残りの1曲のこと、長くなったので明日書きます。

|

« 冬の星空(前編) | トップページ | 今日の危機一髪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16503/4893294

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の星空(中編):

« 冬の星空(前編) | トップページ | 今日の危機一髪 »